ひまわり動物病院
足跡
現在では、犬や猫も人間と同様に痛みを感じるという考え方が一般的になりつつあります。

この為、獣医学領域でも鎮痛薬の研究、開発が盛んに行われており、特に手術時の痛みのコントロールが重要視されています。

手術時の痛みを抑えられないと、術後の回復が遅くなったり、悲痛な表情で鳴き続けたり、
術後に性格が凶暴に変わってしまうこともあります。

当院では、手術前から積極的に痛みの管理を行っております。つまり、痛みを感じる前から鎮痛剤の投与を開始します。

これは、“先制鎮痛”と呼ばれる方法で、痛みを感じてからの投薬よりも断然効果的な方法です。

また、痛みを感じやすい覚醒直後の鎮痛をターゲットとして術中に施術部位に対し局所麻酔を行っております。

このように、当院では動物の状態や反応を観察しながら、必要に応じて数種類の薬剤を併用してより効果的な疼痛管理を
行っております。

痛みをうまくコントロールすることで、術後、特に覚醒直後も動物は鳴く事もなく、数時間後には術前と変わらない表情になり、
散歩に行くこともできます。このように痛みを和らげることで、動物達にとっての精神的ストレスをずいぶん軽減することが
できます。

また、手術後に手術の記憶がトラウマとなり病院嫌いになってしまうことも少なく、その後の通院時の負担も少なくてすみます。

以上の理由で、当院では、痛みのコントロールを重要なものと認識し積極的に行っております。

ペイン
コントロール